ダイエットサプリの広告について

ダイエットサプリを見ていると広告が掲載されていたり、商品説明というのは必ずあるかと思うのですが、その際の注意点があります。
もしかすると薬事法に違反した製品があるかもしれないのです。
薬事法も含めてここでは考えていきましょう。

薬事法違反の広告について

ダイエットをする人の気持ちを惹きつけるために、サプリを飲めば、これだけ痩せた、こんな効果があった、このような効能があるなどと記載されていることがありますが、実際のところこうした表現はしてはいけないのです。
もちろん業者も販売しなければいけないのである程度の広告は必要ですが、薬事法と呼ばれる薬に関する法律で効能、効果を表現することは禁止されています。
あくまでも健康補助食品で、栄養を補うための製品なので、栄養素がどれだけ優れているのかを表現するにあたって効果や効能をあまり書きすぎることは良くないことなのです。
ですから誇大広告されている製品は注意が必要です。

罠にかかる人もいる

広告のなかには薬事法を上手にすり抜けた表現をしているものも多くあります。
ついつい消費者が欲しいと思ってしまうような表示をしているのです。
特に激やせ ダイエットサプリ脂肪燃焼系などは広告を見ているだけで痩せる気がしてくるほどですが、これもやはり注意が必要です。
本当に効果がある製品はそれほど誇大広告しなくても効果は現れるはずですので、なんとしてでも痩せたいと思っている人に買わせようとしているような広告を出している製品を選ぶと、高いお金を払ったのに効果が現れなかったという罠に引っかかってしまうので気をつけましょう。

合成物、添加物について

広告を正しく読めるようになれば一番いいので、ここでは見極めについて考えましょう。
広告について実はからくりがあり、薬事法をすり抜けていることがあります。
どれが効果があるのか、それで選びたいのも山々ですが、それよりも、天然素材であるかどうかが重要です。
合成品は体の中で効果を発揮りません。
このように広告で左右されないためにもしっかりとした選び方必要です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP